はんこ通販の調査徹底比較

はんこを安く買える通販サイトを知る方法

はんこを買う際にできるだけ安く買うためには、店舗を構えている店頭販売よりも店舗を持たない通販サイトで買った方がお得に買うことができます。ただ、はんこを販売している通販サイトは数多くあります。その中から安く販売しているところを見つけるには、やみくもに探しても見つかりません。そこで、利用したいのがはんこの通販サイトを比較するサイトです。

この比較サイトでは、販売価格が安い順にランキング形式で紹介していますので、安くはんこを販売しているところを簡単に見つけることができるようになっています。かなり重宝できるサイトなっていますので、ぜひ参考にしてください。

またこの比較サイトでは、ランキング形式で紹介するだけでなく、はんこに関して知っておいた方が良い知識を沢山公開しています。例えば、はんこの種類や用途、はんこを買う際に気を付けることなどの情報を公開しています。

はんこプレミアム株式会社

総合評価 ★★★★★
情報の多さ ★★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★
顧客満足度 ★★★★

はんこプレミアム株式会社は、はんこを作る専門店です。通販ではんこをご購入なさることも可能です。とても可愛らしい日本的なデザインのはんこから、非常に強いチタン製のはんこまで、目的やお好みに合わせてご購入できます。

通販では個人の印鑑である実印・銀行印・それに日常最も使用する認印まで、ご購入されることができます。もちろん、使用の用途などに合わせて、書体等をお選びになることも可能です。実印と銀行印のセット、または実印と銀行印、認印のセットなど、お得なセットの商品もご用意しています。

はんこプレミアム株式会社では、会社を代表している法人印(会社印・会社印鑑)を作成することもできる専門店です。企業によっては、経営者が使用する代表者印(会社実印)や、経理担当者が使用する会社銀行印、あるいは請求書に捺印される会社角印など、様々なはんこの種類を分けて使用している場合もあります。また、個人印はもちろん、法人印でも用途や目的に合わせたはんこを作成できます。

公式サイトはコチラ

はんこdeハンコ

総合評価 ★★★★★
情報の多さ ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★
顧客満足度 ★★★★

個人や法人においては様々な帳票への捺印を行って、取引や受け取りなどの対応を図ってゆきます。そしてこの際に必要なはんこを通販で購入するならはんこdeハンコの利用がお勧めです。ここでは非常に多くの材質の印鑑を取扱っています。

例えば黒水牛で製作したはんこや、一生ものとして耐久性や耐摩耗性に優れたチタン材料を使用したチタン印鑑を取扱っています。またはんこdeハンコにおいては、はんこの書体も様々な種類の中から選ぶ事が出来ます。

そして商品によっては注文しますと即日発送対応も可能となっているケースが有ります。また商品の送料は5000円以上の購入で無料としてくれますのではんこdeハンコの利用がお勧めです。

公式サイトはコチラ

職人工房

総合評価 ★★★★
情報の多さ ★★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★

はんこは社会人になる際に実印や認印などをセットにして購入されるケースが多く有ります。これらのはんこの通信販売の中でお勧めなのは職人工房です。ここでは職人の手仕上げによる彫刻を行っていまして、満足ゆく内容となっています。

また職人工房では印鑑の素材を始め、印の大きさや書体などを組合せて世界に一つしかない商品を作る事が出来ます。職人工房では印鑑の注文を通販で24時間受付を行っていますし、また支払い方法は代引きやクレジットカードから選べます。

職人工房では各種問合せをメールで24時間365日受付を行っています。またサイトでは売れ筋ランキング順に多くの方から支持されている商品を掲載しており、併せて参考にする事が出来ます。

公式サイトはコチラ

平安堂

総合評価 ★★★
情報の多さ ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★★
顧客満足度 ★★★★★

平安堂は、はんこを通販で販売しています。印材数も日本一で、60店舗を誇る印鑑の専門店です。銀行印や認め印、法人印等、多種様な印鑑が揃っています。また、象牙の場合、100年間の保証があります。そのため、一度購入をする事で長く使う事が出来ます。

それから、平安堂は、印鑑の彫り直しサービスも行っています。大切な印鑑を素材を替えずに彫り直しが出来るので便利です。また、再度購入するよりも安く仕上がるので費用を抑える事が出来ます。また、木製のものや水牛や黒牛のもの、チタンや水晶等様々な素材から選ぶことが出来ます。

それから、平安堂は、個人用のはんこの選び方や、法人用の印鑑の選び方等も分かりやすく教えてくれます。それから印鑑の手入れの仕方も素材ごとに教えてくれるので便利です。

公式サイトはコチラ

ハンコワークスドットコム

総合評価 ★★★★
情報の多さ ★★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★
顧客満足度 ★★★★★

「ハンコワークスドットコム」は、返品や返金保証があるチタン製のはんこをネット通販している業者であります。購入後にイメージと違ったなど気に入らない場合には、その購入した商品を返品して返金してもらうことができるサービスがあります。

また「ハンコワークスドットコム」は、1年間彫り直しのサービスを実施しています。購入者が注文時にミスして印影を間違えてしまった場合、会社設立のため印鑑を作ったが法人印の社名が類似商号であったことからその印影が使用できなくなった場合などにこのサービスを利用できます。1年間は何度でも無料で彫り直しができます。

さらに「ハンコワークスドットコム」は、購入価格が5400円以上で送料が無料となるサービスがあります。なお購入価格が5400円未満の場合には、全国一律650円かかります。

公式サイトはコチラ

印鑑の匠.com

総合評価 ★★★
情報の多さ ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★
顧客満足度 ★★★

「印鑑の匠.com」では5月末までの間キャンペーンを実施しています。色々なハンコは通常価格よりも安くなっていますので、購入するならばキャンペーン中がお得となっています。個人向けのハンコから法人向けのハンコまでキャンペーンの対象となっています。

また「印鑑の匠.com」は、一般的なはんこ以外にも可愛らしいはんこの通販も実施しています。結婚やお祝いなどにプレゼントにもってこいとなっています。種類も240種類ありますので、お好みのはんこが探しやすいです。

さらに「印鑑の匠.com」は、はんこの中でも人気のチタン製のはんこも取り扱っています。このチタン製のはんこもキャンペーンの対象となっていることから、キャンペーンを利用すると非常に安く買うことができます。

公式サイトはコチラ

高級なはんこの材質は?

 はんこを選ぶときに大切になるのが、使われている素材です。いろいろなものがありますが、大きく分けて柘と黒水牛と象牙があります。この中で、一番 はんこを選ぶときに大切になるのが、使われている素材です。いろいろなものがありますが、大きく分けて柘と黒水牛と象牙があります。この中で、一番高級なのが象牙です。象牙はとても品質が良く、長い間使っていても曲がりや狂いがなく、一生使えるといっても過言ではありません。しかも、朱肉との馴染みがよく、まんべんなくつけることができるためきれいにはっきりと押すことができます。
 素材自体は吸湿性があり、適度に硬く重量感があります。そして、網目があるのですが、その間隔が細かいほど品質が高く高級とされています。そのため、実印などに使われることが多いです。天然の素材なので、一つ一つ違いがあります。そのため、実際に自分でみて触って、重みや網目など好みのものを選んで依頼をすることが大切です。

 次に、黒水牛は銀行印など使われることが多い素材です。価格としては、高級な物からリーズナブルなものまであります。ちなみに、角の芯の部分がしっかりとしたものしか使いません。理由としては、芯があることによってひび割れしにくくなるからです。こちらも、摩耗しにくくなっていて、長期間使うことができます。しかし、象牙に比べると劣る部分もあるので、価格もその分安めになっています。柘は、リーズナブルな価格で購入できるというメリットがあります。天然木材から作られていて、手になじみやすく実用的です。ちなみに、木材にもいろいろとありますが、できれば国産のものを選んだほうが良いです。
 もちろん、フィリピン産や韓国産のものもありますが、国産に比べて品質が劣る部分もあります。柘は、幅広い用途に使うことができ、認め印から銀行印や実印などに使っている人が多いです。これらの素材は手彫りができるため、手彫りで作ってもらったハンコは高級品とされています。

 それ以外にも素材があり、安価なものではアクリル製、琥珀や水晶やチタンやアルミなどがあります。琥珀は品質に左右されるため、高級なものでは数十万円以上します。そして、一つ一つ違いがあるため本当のオリジナルで作ることができます。同じように水晶も品質によってことなり、透明度が高いものはかなり高級です。特に風水を気にしている人からすると、運気を高めてくれるとして人気となっています。チタンやアルミは手彫りをすることが難しいので、機械で掘ってもらうことになります。材質的には丈夫であり、普段使いをする人や長く使いたいという人が作っています。
 とはいっても、実印などに使うのであれば象牙や黒水牛のほうが、高級感もあり長く使えるため不動産など高額なものを購入するときにはこちらのほうが安心です。そして、ハンコを作ってもらうにあたって、実際に素材を見て依頼をすることが大切です。