認印を探す【種類比較編】

このページでは、認印の種類について説明していきたいと思います。認印にはいったいどのような種類があり、また、通販で販売されているものにはどのような商品があるのでしょうか。

「認印」「実印」「銀行印」の違いについて

1.実印
印鑑の中でも特に重要な役目を果たすのが実印でしょう。実印は、ただ印鑑を購入しただけではその機能を果たしません。住民票がある役所・役場にいき、印鑑登録をすることで、はじめて法的な効力を持った実印となるのです。

2.認印
認印は、日常生活において使用する機会の最も多い印鑑といえるでしょう。認印とは、承認や確認の際に使用する印鑑の事をいいます。身近な例だと郵便や宅配便の受け取りや、仕事上の書類確認の際に使用する印鑑のことです。一般的には、認印としてシャチハタが多く使用されています。

3.銀行印
銀行印とは読んで字のごとく、銀行に口座を開設する際に必要な印鑑となります。また、銀行の窓口でお金を引き出す際にも通帳に加え、銀行印が必要です。

このように、三つの印鑑にはそれぞれ明確な違いがあります。もちろん、実印を認印や銀行印として使用するなど、一つの印鑑を複数の用途で併用することは可能です。しかし、万が一紛失してしまったり、盗難にあった場合、銀行への連絡だけでなく、役所で実印登録廃止(もしくは改印)等の手続きをおこなわなければなりません。また、偽装などのリスクを考えても、それぞれぞ用途別に印鑑を持っておく方がよいでしょう。

.

シャチハタの認印印鑑

シャチハタは、宅配便受け取りや書類へのサインなど、認印として多くの人が使用しています。シャチハタ印鑑の正式な種類は「インク浸透印」といって、印面から染み出したインクで捺印を行う印鑑です。インクを内蔵しているので朱肉は不要、また、印面が弾力のあるゴムでてきているため捺印マットも不要です。インクを補充することで、何度も捺印をおこなうことができます。

シャチハタの認印の特徴
  1. 本体内部にインクが入っているため朱肉が不要
  2. 朱肉も捺印マットも不要のため持ち運びに便利
  3. デザインなどのバリエーションが豊富

商品一例

 

通常の認印印鑑

認印は、実印や銀行員と違い役所や銀行などに登録が必要な印鑑ではないので、購入したその時から認印として使用することができます。現在では、実店舗や通販サイトから安価な価格で購入することが可能です。認印としてシャチハタを使用される方が多いですが、通常の印鑑だと、印面が劣化しにくい、公的な書類に近いものにも使用できる、量産性がシャチハタほどないので、本人証明の信頼があるなどのメリットがあります。

通常の認印印鑑の特徴
  1. 印面が劣化しにくい
  2. 公的な書類に近いものにも対応可能
  3. シャチハタほど量産性がないので本人証明において信頼性が高い

商品一例