コラム

なぜ印鑑の質が重要なのか

生活に欠かせない印鑑

日常生活では、社会の中で信用を確認しながら協力して生きていくということが基本になります。自分が接する相手が信用できる人か、協力できる仕事や生活で接してよい人かどうかを常に確認して生きていきます。そのための象徴的な所有物がはんこになります。

日常生活で生きていくためには色々な書類も必要になりますが、それらの書類の中には契約書もあります。欧米ではサインをしますが、日本の場合にはハンコを利用しますので準備しておく必要があります。

安いものならば簡単にインターネットなどで手に入りますし、販売している商店などもたくさんあります。しかし、用途を考えて使わなければならないということを理解する必要があります。特に実印や認印、銀行印などは良い商品をひとつ購入しておくのが効果的です。押す時など相手に見られているからです。

質の良い印鑑を買う理由

自分の分身という意味で、日本の社会では今でも印鑑の質を見られます。相手を観察する手段のひとつのため、良い実印を持っていると相手の態度が変わることがあります。

また実印を利用する場合は、重要な契約の時ですから、人生に何度もあることではありません。それは相手にとっても同じです。その時に三文判では相手も不安になります。また安物の実印でも同じです。

三文判も使い方があります。三文判で良い書類もあり、その時には三文判を使うこともできます。できるだけ良い実印や認印などを安く買うポイントとしては、やはりインターネットの専門サイトです。

特に実印、銀行印、認印という三点セットでは、良い商品をインターネットでできるだけ安く購入しておくと一生使うことができるので安心です。

印鑑の使い分け

日常生活では実印や銀行印、認印を自分の分身として、できるだけ良い商品を安く購入しておき、良いものを長く使うつもりでいると、何となく利用する時にも安心できますし、自分の自信にもなります。

所有物の質ということですが、三文判のような商品では、やはり自信を持つことはできません。三文判を利用する場合には、例えば、玄関に置いておけば宅配などの受け取りなどで利用できます。通常は認印を普段使いますが、良い認印の場合には、失くすと困るので三文判と使い分けます

銀行印は認印で代用できますが、重要な口座などでは銀行印があると便利です。それらの重要なものは、インターネットの専門サイトを調べて、割安で購入するのが効果的です。気に入った商品だと自分で使う時にも気分が良くなります。