コラム

ネットで印鑑作りをする際に気を付けるポイント

印鑑は、ビジネスの現場においてサインをする際に公証力が発揮できる事務用品として広く知られています。この印鑑ですが、実印であれば効力は絶大となっています。

実印とは、役所等で登録を受けた印鑑であり、身分証に匹敵する重要物となっています。印鑑作りですが、ネットないしオンライン上で業者に依頼するとしたら最低でも3千円は掛かるとされています。ただ、実印と銀行印を合わせた場合は、セット割引等で4千円程度で済むとされています。

印鑑を作る際は、気を付けるポイントも幾つか知っておくべきです。

業者の選び方

オンライン上で印鑑作成をお申し込み場合、納期に関して気にしている人であれば「スピード重視の業者」を選ぶべきでしょう。例えば、とある作製価格の安さ及び速やかに納品する事を売りとしている業者は、最短で即日発送サービスを実施しており、送料無料でサービスを提供しています。

安さだけでなく、安全性を重視する場合は信頼できる業者を選ぶべきでしょう。信頼できる業者に依頼する場合、価格は若干高めとなるものの仕上がりは「威厳が感じられる」外観となるので、利用する側は信用力が在るとみなされるに違いありません。

業者の比較

印鑑製作を請け負っている業者ですが、複数社を比較した方が良さそうです。比較に関してですが、検索エンジンで「印鑑、比較」と入力すれば情報収集ができます。複数社を比較する事により、それぞれのサービス内容や納期日を確認できるようになっています。

印鑑素材の、素材ごとの違いについて

印鑑素材には、木・角や牙・金属など、様々なものがあります。素材ごとに使い心地には違いがあります。

木材

同じ木材の中でも、薩摩本柘は耐久性・値段・捺印性などのバランスがよく人気の高い素材です。
黒檀(こくたん)は少し高級になるものの耐久性には非常に優れ、一生使える印鑑にできます。

角・牙

角、牙系では、水牛の角が素材として一般的です。水牛の角は、透明度の高いものから斑点のあるものまでバリエーション豊かです。角の芯に近い部分が特に高級とされています。真っ黒い黒水牛のものもあります。
また、希少性の高いマンモスの角を使って作られた印鑑もあります。発掘されたマンモスの角を加工して印鑑にしています。

金属

印鑑には金属製のものもあります。金属の種類にはチタン・メタル・樹脂といったものがあります。
チタンは強度が非常に高く耐久性に優れているところが特長です。捺印性も高いです。
メタルはカラーが豊富で鮮やかな色の中から好きなものを選ぶことができます。チタンと同じく耐久性も高い素材です。
アクリル樹脂の印鑑もまた、カラーバリエーションが豊富です。透明度が高く、飴玉のような風合いで一つの印鑑に複数のカラーが混ざったものもあります。
琥珀樹脂で作られた印鑑も、赤みを帯びた半透明で芸術的な見た目をしています。