コラム

印鑑にはどんな書体があるのか?

書体の種類

印鑑の書体には使う用途に合わせて様々な選び方があります。
下記の書体の特徴を踏まえて印鑑の書体を決めましょう。

隷書体(れいしょたい) 波打つ運筆(うんぴつ)で、横長の端正なバランスが特徴。
吉相体(きっそうたい) 隷書体をベースに中心から外に向かって力強い流れの線が特徴。
篆書体(てんしょたい) 日本銀行発行のお札に捺されている字体。日本最古の印鑑と云われる国宝【漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)】の金印に使われている書体。
太枠篆書体(ふとわくてんしょたい) 印鑑の枠を太く作成し強度の向上を図りつつ、細く仕上げる事により太枠と細文字のバランスが良く取れた字体。篆書体と比べると少し軽やかなイメージ。
古印体(こいんたい) 雅な味わいの墨溜まりや欠け途切れが特徴。

認印

日常で出番の多い認印は、郵便物の受取りや回覧板、公的な書類を請求するときなど、日常のあらゆるシーンで使う、最も使用頻度の高い印鑑です。なるべく誰が捺したのかがすぐに分かるように、読みやすい形で作る事をおすすめします。

実印や銀行印などのように、財産に関わる程の重要な印鑑ではないので、使いやすさや読みやすさで選ぶのが良いでしょう。まずは1本、認印を作るというのなら古印体や隷書体がおすすめです。

この2つのどちらかを選んでおけば、使い勝手の良い認印となる事でしょう。

銀行印

個人の銀行印には、一般的に篆書体、吉相体、古印体、隷書体などが挙げられます。

銀行印は、読みやすい古印体が人気がありますが、最近では、防犯の目的もかねて複雑で判別しづらい、篆書体、吉相体の人気が高まっています。判別のしづらさも人気のひとつになりますが、独特の雰囲気の文字が好まれています。

また、吉相体は開運の字体とも言われています。

印影プレビューの活用で安心

実印や銀行印は重要な書類に使うものですから、購入前にしっかりと印影を確認しておきましょう。現在では、ほとんどの印鑑ネット通販会社で購入前に印影をプレビューすることができるので安心して買い物が出来ます。

実際の仕上がりの具合がわかり、作成前に具体的に完成イメージを持つことが可能なので、印影のデザイン失敗や想像と違ったものだったなどのミスを防ぐことができるようになりました。

イメージと違うといった失敗がないようにするために印影プレビューはぜひ活用したいツールの一つです。