コラム

印鑑の偽造防止策とは

印鑑の認印ではこれは誰の印鑑なのか、わかりやすいのが特徴です。
しかし会社の書類に押されている捺印を見ると、ぱっと見ではよくわからない文字をしていることが多いでしょう。他にも重要な書類、実印や銀行印などでも誰の印鑑?と一瞬首をかしげるような書体をしています。

そこには意味があります。

偽造防止策としての書体

印鑑は偽造されにくくするという意図があって然るべきです。特に実印、銀行印は偽造される、悪用されるなどすれば多大な害を被ることになるでしょう。誰とも知らない第三者によって悪用されることによって、本人の預かり知らぬところで契約を交わされていたり、借金を抱え込んでしまったり、あるいはお金が流出してしまったりなどすれば目も当てられません。そういった被害を生み出さないためにも、偽造防止策は重要なものになるのです。

その一つが書体です。

書体には複数あることは別の記事にて挙げさせていただきました。その中でも吉相体(きっそうたい)や篆書体(てんしょたい)は読みづらい、すなわち可読性が低い書体です。そして普段使いしない書き方ですので、偽造しにくい書体ともいえるでしょう。だからこそ、この2つの書体は実印や銀行印におすすめされるものとして挙げられています。

手彫りの偽造防止性

吉相体や篆書体は一般の印鑑にもおすすめされますが、当然ながら法人の印鑑にもおすすめされます。法人の印鑑も激安価格で作れるように現在では広まってきており、比較的安価で用意することが出来るとして予算が厳しい新規の会社にも利用されています。その際には印鑑を激安にしたい法人からの注文が入りますが、それでも偽造されないように注意を払います。もちろん法人の印鑑ですので角印も含まれます。法人向けの印鑑リストにも、激安の印鑑で角印が紹介されています。その際には書体をどのようにするかも選べるようになっているので、出来る限り偽造されないようにと書体や文字の配置に気を配るようになっています。

印鑑の偽造防止策としてもう一つ挙げられるのが手彫りです。

近年では印鑑はコンピュータによって彫られることによって大量生産出来るようになっていますが、偽造防止を考えるのであれば、やはり職人の手によって一本一本彫られた方が効果が期待出来ます。近年では技術の進歩によってスキャンの性能が上がっているためにある程度の偽造が出来るようになってしまっているのも確かです。しかし複雑で細かな彫りによって生み出された印影により、高いセキュリティを誇る印鑑を仕上げることもまた可能になっています。大切な印鑑を実印や銀行印にするならば、手彫りの印鑑を注文することもまた一つの手段になっています。