コラム

印鑑を長持ちさせる手入れ方法

印鑑の手入れについて

大事な契約や身分証明を行うために印鑑を使いますが、もしもティッシュで軽く朱肉を拭くだけで満足しているようであれば、あっという間に痛めてしまいます。その場で朱肉をしっかりと拭き取る方法としては、重要な手入れ方法となりますが、綺麗に保ち、長い間使っていくためには再度考え直さなければなりません。

素材に関わらず、全体に共通していえる手入れ方法として、朱肉汚れをいかに解消していくかがポイントです。普段使った後でティッシュもしくは布で綺麗に朱肉を拭き取っていったとしても、細かい汚れをチェックしていくと完全に掃除ができているわけではありません。

細かい汚れはほこりなどとくっつき、徐々に積もってしまいます。それが固まっていき、汚れが明確に見えてきてしまいます。これが劣化の原因となってしまいますので、常に掃除を怠ってはいけません。方法としてブラシや専用のブラシを活用するのがベストです。毛先が柔らかい歯ブラシも有効利用できますので、試してみるといいでしょう。

手入れの注意点

綺麗に印鑑を掃除していく時には、ブラシなどの力を入れすぎないようにしましょう。そして小刻みに印面を磨くようにして手入れしていくようにしましょう。印面を綺麗に優しく磨いていった後は、ティッシュや柔らかい布などを利用して残ってしまった細かい汚れを掃除すれば、元の状態に近づけていくことができます。

掃除を行っていく際には爪楊枝などといった、細くて硬いものを利用してほじくっていこうとする人も多いですが、印面が削れてしまったり、傷ついていくだけでなく欠けてしまいます。あまり強引な汚れのとり方は危険ですので、絶対にやめておきましょう。ブラシによるお手入れでは毛先が柔らかくても、頻繁に行うのはいけません。普段から定期的にケアを行っていくと長持ちします。

使うときに気をつけるポイント

普段から綺麗にしていくポイントとしては、大きく分けて捺印をする前や押している時、そして捺印をした後で分かれていきます。

最初に捺印を行う前のポイントを見ていくと、朱肉を多くつけすぎないように気をつけなければなりません。朱肉を多く付けすぎてしまった場合には、印面の細かいところへインクが多く染みこんでいきます。こうなってしまうと掃除が厳しくなってしまいます。さらに印影も徐々に滲んでいってしまい、押す際には綺麗に行うことができないので注意しなければなりません。

次に捺印を行うときですが、これは捺印用のマットを利用すれば印面へかけていく負荷を減らしていくことができるようになります。これが欠けていくのを防いでいくことができるので、普段から使うようにしましょう。

最後に捺印後ですが、使った後はティッシュなどで綺麗に掃除していきましょう。ブラシ以外にも輪ゴムでも汚れを落とすことができます。