コラム

印鑑証明の豆知識

これから実印を作成するような場合には、あわせて覚えておきたいのが印鑑証明です。実印と印鑑証明はセットともいえるくらい関係の深いものになりますので、実印登録だけではなく、印鑑証明も頭に入れておくとよいでしょう。

印鑑証明がなぜ必要なのか

印鑑証明とは、実印が本人のものであるかを確かめるものになります。なぜ、実印が本物かどうかを確かめる必要があるのかというと、それは重要度の高い取引などをする際に必要になってくるからです。不動産購入の際や公正証明書の作成などに印鑑証明が必要になってきますので、覚えておくとよいでしょう。

印鑑証明をどこで手に入れることができるのかというと、印鑑登録申請をした市区町村にお願いすれば印鑑証明を手に入れることができます。印鑑登録申請が受理されると、印鑑登録証というカードが発行されるのですが、このカードを持参して該当の市区町村に申請すると、印鑑証明を手に入れることができます。印鑑証明は、発行に手数料が必要になりますが、数百円程度が発行手数料であることが多いので、それほど気になる金額ではありません。

また、印鑑証明の具体的な内容はどのようなものなのかといいますと、実印の印影に関する情報であったり、登録番号。そして、登録年月日や氏名、出生年月日、性別、住所などが記載されています。このように自分に関するたくさんの情報が記載された証明書になりますので、取り扱いには十分に注意したいところです。

印鑑証明が必要な場面

印鑑証明は、重要な取引の際に使われることが多いですが、こちらの印鑑証明が使われるケースを考えてみると、不動産を売買する際が圧倒的に多いです。マンションや一戸建てを購入した際はもちろんですが、これらを売却する際にも必要になってくるのが印鑑証明です。また、マイホームを購入する際に、ローンを組む場合にも必要になってきて、住まいだけではなく、土地の売買の際にも必要になります。

また、会社設立の際にも必要になってくることがあり、遺産相続や保険金の受け取り、基本的には大きなお金が動く際の取引には、印鑑証明と実印が必要になってくることが多いのです。このようなことから、実印や印鑑証明は社会的な信用という意味でも重要な要素になっていて、大きなお金が動く際の取引の前には、必ずこれらを用意しておくとよいでしょう。

このように実印だけではなく、実印とセットとして覚えておく必要があるのが印鑑証明となっていますので、しっかりと理解しておきたいものです。