コラム

外国人の印鑑って必要なの?

印鑑は日本人には馴染み深いものといえますが、日本に移住してきた外国人にも印鑑は必要なのでしょうか。外国人にとってはサインが馴染み深いかもしれません。日本でもサインで本人確認をするケースも少なくありませんが、やはり印鑑もまた同様に使われます。

外国人でも持っていた方がいいのでしょうか?

外国人が印鑑を作るには

近年では外国人向けの印鑑をオーダーメイド出来る店が増えています。外国人は漢字ではない印鑑を激安で買えるサイトでオーダーメイドをすることで、外国人の名前が彫られた印鑑を購入出来ます。この場合アルファベットで彫ることもあれば、カタカナで彫ることもあります。どちらにするかは注文する人の好みになります。

同様に縦書きにするか横書きにするかもオーダーできますので、まさしく世界に一つだけの外国人の印鑑が出来上がります。日本で生活していく上では印鑑が色んな場面で使われることがわかるでしょう。外国人だからと配慮してもらって、サインでもOKとしてくれることもあるかもしれませんが、やはり契約書などでは印鑑の方が好ましいものです。実印を求められるケースであればなおさらです。

一から作り上げるオーダーメイドによって、漢字ではない場合にも印鑑を激安で作ることが可能です。オーダーメイドなので、よりこの一本の印鑑に愛着がわくかもしれません。激安の印鑑とケースを一緒に購入することでより一層の愛着がわくでしょう。シンプルなケースもありますが、近年では色々なデザインをしたケースが登場しています。印鑑が激安のケースもまた激安価格です。予算に余裕があればケースもしっかり検討してみるのもいいでしょう。

印鑑が必要になる場面

日本には様々な外国人が訪れていますが、企業を立ち上げる外国人も少なからずいます。その際には法人向けの印鑑も必要になります。この場合でも外国人だからとサインだけで済ませるわけにもいきません。激安の印鑑の角印でもいいので、法人印鑑も用意しなくてはいけなくなるでしょう。色々と手間はかかるかもしれませんし、日本ならではの文化ではありますが、日本で暮らしていくからには個人でも法人でも印鑑を用意しておいた方が良いでしょう

最近ではアルファベットやカタカナだけでなく、当て字として漢字を用いた印鑑をオーダーしている外国人も増えてきています。より日本に馴染みたいという思いの表れでしょう。あるいはこうすることによって、より自分だけの印鑑を持っているという実感を得ているのかもしれません。

確かなのは、はんこ文化は間違いなく日本に暮らしている外国人にも浸透し始めているということです。