コラム

実印を購入する際に気をつけるべきポイント

実印とは、お住まいの市区町村にある役所で印鑑登録をした印鑑のことです。実印として作ったものであっても、印鑑登録を済ませていなければ法的に実印とは認められません

実印登録できる印鑑とは

実印は、プラスチックなどで作られた安価なものから、象牙で作られているような高価なものまで、素材や価値に関わらず、印鑑登録することができます。決して、高価なものを用意しなければいけないわけではありません。ただし、いくつか気をつけなければいけないポイントがあります。

1つは、印鑑のサイズです。ほとんどの場合、印鑑の直径が8mm〜25mmのものを指定されますので、極端に小さいもの、大きいものは避けるようにしましょう。

2つめは、印鑑に使われている書体です。印鑑を押して、どの漢字を使っているのかすぐに読めるような古印体(こいんたい)、隷書体(れいしょたい)などが指定されているわけではありませんが、書体が判別不明と判断された場合は、印鑑登録できない場合があります。一般的なサイズや、書体ではない印鑑を使用したい場合は、一度お住いの市区町村にある役所に問い合わせてみると良いでしょう。

実印の購入ポイント

認印や銀行印と同じ印鑑を、実印として登録することもできます。しかし、実印は家や車など、高額のものを購入する時などにも使用し、印鑑登録証明書を提出することで「本人が押した証明」となります。他にも銀行からの借り入れなど、契約時にも使用するため、用途別に印鑑を分けておく方が、セキュリティーの面を考えても、トラブルを避けるためにも良いと言えます。

また、悪意ある人間が、実印の複製をしようとした場合、機械彫りの印鑑であれば、同じものを購入するだけで、大きな手間をかけることなく、同じ印影のものを手にいれることができてしまいます。実際には、印鑑登録証明書の印影など、実印を押したものを入手し、そこから複製することは可能ですが、手間も時間もかかる作業です。

印鑑には機械彫りの他に、職人が作る手彫りのものがあります。手彫りのものは、同じ印影を持つ印鑑は世界に2つとありません。実印として登録する印鑑は、手彫りのものを購入する方が良いでしょう。ただし、一般的には手彫りの印鑑は、機械彫りよりも値段が高く、納品までの時間もかかります。

印鑑証明は変更することはできますが、1つの印鑑しか登録ができません。実印を購入する時は、一生ものとして耐久性のある素材を選び、手彫りのものを選んでみるのも良いのではないでしょうか