コラム

意外と知らない法人印の選び方

日常的に使用される「角印」

「角印」は、会社の中でも請求書や見積書などといった日常業務に使用されています。請求書などは、押印しなければならない重要な書類ですが、だからといって必ずしも実印を押さなければならないということはありません。

では、銀行印を使ってしまおう!とそういう訳にも行きません。法人銀行印も同様保管しておかなければならない大切なものです。そこで「角印」が便利で簡単なはんことして重宝されているのです。人によっては社判や社印と呼んでいる方もいます。

そしてこの角印は丸印と比べると使用頻度は多くなっているので、優れた耐久性を求めてチタンや黒水牛を使用しているところも多くみられます。この角印のサイズはだいたい10ミリから24ミリとされており、その書体には規定はありませんので、篆書体(てんしょたい)や太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)など、偽造しにくいものなら何を使用しても構いません。

さて、「丸印」という言葉が出ましたが、角印と丸印の違いについて詳しくわかっていない方もいるのではないでしょうか。違いどころか、お互いの使いどころやしっかりとした意味すら理解できていないという方も少なくないのが現実です。社会に出ると一般常識だと言われますが、結局印鑑に携わらない仕事をしてきたのであればその違いはわからなくて当然ですよね。

そこで、丸印と角印の違いを次に紹介します。

丸印

丸印とは読んで字のごとく形が丸い印鑑です。先ほど角印の説明の際に「社判や社印」と説明しましたが、丸印の場合「社印」とは言いません。丸印も角印も会社で使用している印鑑という部分では同様ですが、その違いは使用方法にあります。

丸印は正式な契約書など、重要度が極めて高い書類を証明するために押印されるものです。

角印

角印は丸印に比べるとその重要度は低いものになり、会社側が発行した書類ということを相手に認知をさせるために押印されるものです。

使用頻度は圧倒的に多くなってくるものなので美しく押印できるものが良いですよね。でも法人印って何種類もあるからそこまでお金をかけていられない!とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そんなあなたにオススメしたいのが社判の通販サイトです。ここには法人印の種類が非常に豊富で、キャンペーンとしてセット販売を行っているところも多く見られます。

通販サイトで法人印を選ぶときは、それぞれの印鑑のサイズや書体、さらに印材にもこだわって探してみてはいかがでしょうか。

法人印に人気の素材

会社に欠かせない「法人印」ですが、ひとくちに法人印と言っても様々な種類があります。そして一つひとつにカラーや特徴がありますので、購入前にしっかり知っておくことをオススメします。

そこで今回は、法人印として人気の印材を紹介していきます。

象牙(ぞうげ)

法人印と言えば象牙と言われるほど人気の素材です。真っ白でもなく、黄ばみもないその色を中心に人気を集めており、「印材の王道」とも呼ばれているほどです。

象牙は優れた耐久性と朱肉執着性、さらに重量感があり高級さを感じられるものになっています。

黒水牛(くろすいぎゅう)

リーズナブルな価格が魅力的な黒水牛です。サイズや購入するお店によってピンキリですが、だいたい4,000円から5,000円前後という非常に手の届きやすい価格設定になっていることから人気を集めています。

さらに魅力的なのが価格面だけでなくその見た目です。落ち着いた印象を感じられる漆黒さやそのクールな存在感は特に男性に人気があり、見た目に魅了されて、つい購入してしまうなんていう方も少なくはありません。

黒水牛も高級素材として知られていますが、高級素材としては比較的安く、鮮明な印影を得られるのが特徴的です。

チタン

こちらも黒水牛と同様、男性から人気を集めています。
チタン素材で作成されたチタン印鑑もその雰囲気は落ち着いた印相(いんそう)を感じられる重みのあるもので、こちらもスタイリッシュなイメージが特徴的です。

さらに人気なのはこれだけでなく、印鑑としての機能性にも優れているところが人気を集めている主な理由です。

琥珀

琥珀なんていう素材は初めて聞いたという方もいるのではないでしょうか。
黒水牛は読んで名のごとく漆黒でカッコいいルックスでしたが、この琥珀は宝石のように見えるもので、上品で可愛らしく、数々の女性から非常に人気を集めています。

こちらは神秘的な透明感があり、運気アップのお守りとしても人気を集めています。

まとめ

今回ご紹介したものの他にもまだまだ法人印には種類があります。なんといっても、いつまでも使用していきたい印鑑ですから、耐久性に優れたカッコよくてカワイイ印鑑をできるだけ安い料金で購入したいですよね。

法人印の通販サイトは様々ありますが、どのサイトも非常に豊富なラインナップでたくさんの印鑑を販売しています。通販サイトならではのキャンペーンも豊富に実施されているので、まずあなたがどんな法人印が欲しいか、というところをしっかりと考えて、ゆっくり選んでみてください。