コラム

法人印の作成ポイント

会社設立時に必要な印鑑とは

会社を設立するとき、最初に必要な法人印は実印、銀行印、角印の3つです。

実印(代表者印)

法人印の実印は代表者印とも言われ、会社の代表者が使用する印鑑になります。実印を作ったら、法務省で実印登録を行いましょう

実印は外枠と内枠の2つに分けられており、外枠には会社名、商店の場合には商店名などが入り、内枠には代表取締役印、代表者印などの文字が彫られます。代表者が使うものですが、個人の名前を入れることはなく、代表者が変わった後も同じ印鑑を使うことができます。

個人経営の会社や商店では、代表者が個人で使用している実印と同じものを法人の実印として登録している方がいます。しかし、セキュリティーやリスクの面を考えると、とてもおすすめできるものではありません。個人の実印が盗難にあうことで、会社、社員へのダメージが起こりかねないため、法人の実印は別に作り、管理も個人の印鑑とは別に行うことが大切です。

銀行印

銀行印は、実印と同じように外枠と内枠の2つに分けられており、外枠には会社名や商店名、内枠には銀行之印という文字が彫られます。一見、実印との印影が似ているため、一般的には印鑑のサイズを変えて作られます。銀行口座を開設する時や小切手、手形など、金銭に関わる事柄に使われる銀行印は、実印と同じく、会社にとって重要な印鑑です。

角印(社印)

角印は四角い形の印鑑で、社名や商店名のみが彫られているため、社印とも呼ばれます。

法人の認印である角印は、領収書や請求書、見積書などに使われます。最初にそろえる3つの法人印のうち、角印のみ、ゴム印を使うことができます。他の2つよりも使用頻度も高いため、角印をシャチハタで作ることも多くあります。支店がある場合や、店舗が複数ある場合には、角印をその数だけ用意しておく方が良いでしょう。

法人印の購入ポイント

素材

法人印を作るときには、長く続くよう、耐久性の高いものが選ばれます。

以前は、象牙を使ったものが好まれていましたが、現在は希少価値が高く、値段の方も高めになっています。一般的には、購入しやすい値段であり、耐久性も高い黒水牛や牛角などで作られたものが好まれています。

書体

書体に関しては、角印は読みやすいものを選んでも良いですが、実印、銀行印は簡単に複製できないような書体を選ぶようにすると良いでしょう。

篆書体(てんしょたい)は偽造もしにくいことから、法人印によく使用されています。縁起がいいと言われる吉相体(きっそうたい)も人気があります。普通に読むことができる古印体(こいんたい)は、実印、銀行印よりも角印に向いている書体です。