コラム

男性と女性で印鑑は変えたほうが良いのか

男性と女性で、印鑑の種類を変えなければいけないということはありません。

しかし、持っている印鑑でその人のイメージを左右することもあるため、性別や年齢、肩書きなどで印鑑を選ぶ方が多く存在します。

印鑑の適正サイズ

サイズに関しては、実印、銀行印、認印ともに男性の方が、女性よりもサイズの大きい印鑑を使われるのが一般的です。

実印であれば、男性は16.5mm前後、女性は15mm前後のもの。銀行印や認印なら、男性が13.5mm前後、女性が12.5mm前後のものを選ばれています。年齢や肩書きが高くなるほど、より大きめのものを選ぶと良いでしょう。

印鑑を作るタイミング

男性、女性ともに印鑑を作るきっかけとして挙げられるのが、結婚です。それまでは実印を持っていなかったとしても、結婚を機に作っておく方が良いでしょう。いざ必要となった時に慌てて用意しようとすると、好みの書体や素材などを選ぶことができません。

実印は、家族のものとして夫婦共有で使うものではありませんが、実際には共有財産である家や車の購入に使うため、どちらか名義人となる方が、作っておくだけでも大丈夫です。しかし、2人の名義にする時には、夫婦2人、それぞれの実印が必要になります。

女性が結婚前に実印を作る場合は、結婚で苗字が変わる可能性が高いため、下の名前で作ることがあります。苗字、またはフルネームで実印を作っていた場合は、結婚をして苗字が変更になると、印鑑も作り直さなければなりません。実印を変えるということは、印鑑登録も変更しなければなりません。せっかく好みの素材や書体、大きさで実印を作っていたとしても、使えなくなってしまうのはもったいないですよね。下の名前で実印を作っておけば、欠けたり壊れたりしない限り、一生同じ実印を使い続けることができます

男性は実印を作るのが結婚前であっても、結婚で苗字が変わる可能性が低いため、フルネームで作られるのが一般的です。苗字だけではなく、フルネームで作るのは、複製の危険を下げるなどのセキュリティーを考えてのことです。

印鑑の素材と書体について

素材に関しても、特に男性と女性で決まりがあるわけではありません。しかし、男性は力強さや、結婚後の大黒柱としての安定感などをイメージさせる、黒水牛が人気です。また近年では、現代的な印象を受けるチタンも人気を集めています。女性は温かみのある木材や、おしゃれや可愛さをイメージさせる琥珀や木材などの素材が選ばれます。

書体に関しては、太めの文字の方が、風格や威厳のある印象になるため、男性には太めの文字が、女性にはすっきりとした文字が好まれています。