コラム

高級なはんこの材質は?

はんこを選ぶときに大切になるのが、使われている素材です。
いろいろなものがありますが、大きく分けて柘と黒水牛と象牙があります。
この中で、一番 はんこを選ぶときに大切になるのが、使われている素材です。

いろいろなものがありますが、大きく分けて柘と黒水牛と象牙があります。
この中で、一番高級なのが象牙です。
象牙はとても品質が良く、長い間使っていても曲がりや狂いがなく、一生使えるといっても過言ではありません。
しかも、朱肉との馴染みがよく、まんべんなくつけることができるためきれいにはっきりと押すことができます。

素材自体は吸湿性があり、適度に硬く重量感があります。
そして、網目があるのですが、その間隔が細かいほど品質が高く高級とされています。
そのため、実印などに使われることが多いです。
天然の素材なので、一つ一つ違いがあります。
そのため、実際に自分でみて触って、重みや網目など好みのものを選んで依頼をすることが大切です。

次に、黒水牛は銀行印など使われることが多い素材です。価格としては、高級な物からリーズナブルなものまであります。
ちなみに、角の芯の部分がしっかりとしたものしか使いません。
理由としては、芯があることによってひび割れしにくくなるからです。こちらも、摩耗しにくくなっていて、長期間使うことができます。
しかし、象牙に比べると劣る部分もあるので、価格もその分安めになっています。柘は、リーズナブルな価格で購入できるというメリットがあります。
天然木材から作られていて、手になじみやすく実用的です。ちなみに、木材にもいろいろとありますが、できれば国産のものを選んだほうが良いです。

もちろん、フィリピン産や韓国産のものもありますが、国産に比べて品質が劣る部分もあります。
柘は、幅広い用途に使うことができ、認め印から銀行印や実印などに使っている人が多いです。これらの素材は手彫りができるため、手彫りで作ってもらったハンコは高級品とされています。

それ以外にも素材があり、安価なものではアクリル製、琥珀や水晶やチタンやアルミなどがあります。
琥珀は品質に左右されるため、高級なものでは数十万円以上します。そして、一つ一つ違いがあるため本当のオリジナルで作ることができます。
同じように水晶も品質によってことなり、透明度が高いものはかなり高級です。特に風水を気にしている人からすると、運気を高めてくれるとして人気となっています。
チタンやアルミは手彫りをすることが難しいので、機械で掘ってもらうことになります。材質的には丈夫であり、普段使いをする人や長く使いたいという人が作っています。

とはいっても、実印などに使うのであれば象牙や黒水牛のほうが、高級感もあり長く使えるため不動産など高額なものを購入するときにはこちらのほうが安心です。
そして、ハンコを作ってもらうにあたって、実際に素材を見て依頼をすることが大切です。